2018春塾講師

福田淳 / 村上誠一郎 / 倉本昌弘 / 須永珠代 / 外山滋比古 / 福井俊彦
玉木林太郎 / 面出薫 / 南美希子 / 川崎哲 / 宮内孝久

 

 

福田 淳

 

 

福田 淳
(ふくだ・あつし)
ブランド コンサルタント/ソニー・デジタルエンタテインメント前社長

 

 

 1965年、大阪府生まれ。88年3月 日本大芸術学部卒。衛星放送「アニマックス」「AXN」 などの立ち上げに関わったのち、2007年にソニー・デジタルエンタテインメント創業・初代社長に就任。17年、ブランドコンサルタントとして独立。新しい世界を切り開くリーダーとして、カルティエ提供の「チェンジメーカー・ オブ・ザ・イヤー2016」を受賞。

 

 

 

 

村上 誠一郎

 

 

村上 誠一郎
(むらかみ・せいいちろう)
衆議院議員

 

 

 1952年、愛媛県今治市生まれ。東京大法学部卒。86年、衆院選に初当選し、以降11期連続当選。この間大蔵政務次官、衆議院大蔵常任委員長、財務副大臣などを歴任。2004年第2次小泉改造内閣で国務大臣(行政改革・構造改革特区・地域再生担当)・内閣府特命担当大臣(規制改革・産業再生機構担当)として初入閣。現在、衆議院予算委員会委員、自民党総務、税制調査会副会長、海運・造船対策特別委員会委員長などを務める。

 

 

 

倉本 昌弘

 

 

倉本 昌弘
(くらもと・まさひろ)
日本プロゴルフ協会会長

 

 

 1955年9月、広島県生まれ。日本大学時代に日本学生ゴルフ選手権4連覇。81年プロテストに合格し、PGA入会。プロデビュー戦で優勝、ツアー競技で4勝し賞金ランク2位。92年に25勝目をあげて永久シード獲得。通算43勝。ゴルフ界改革に取り組み97年「PGAツアー・オブ・ジャパン」を発足させ、99年「日本ゴルフツアー機構(JGTO)」を立ち上げる。2014年から日本プロゴルフ協会会長。

 

 

須永 珠代

 

 

須永 珠代
(すなが・たまよ)
トラストバンク代表取締役

 

 

 群馬県伊勢崎市生まれ。2012年に「トラストバンク」社を設立。同年秋、ふるさと納税にかかわるサービスで地方自治体と納税者との間を取り持ち、納税代行サービスを行う総合サイト「ふるさとチョイス」を立ち上げる。契約自治体は全1788自治体の7割を超える。返礼品は15万点以上を扱い、業界最大。最近は災害の復興支援などを目的とした寄付金に使う自治体も少なくない。

 

 

 

外山 滋比古

 

 

外山 滋比古
(とやま・しげひこ)
英文学者、文学博士、評論家、エッセイスト

 

 

 1923年、愛知県生まれ。東京文理大(現・筑波大)英文学科卒業後、同大学特別研修生修了。文学博士、51年より、雑誌「英語青年」(現・web英語青年)編集長となる。東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授を務め、89年、同大名誉教授、昭和女子大教授。専門の英文学、思考、日本語論の分野で活躍を続ける。主な著書に「思考の整理学」(ちくま文庫)、「日本語の作法」(新潮文庫)など。

 

 

 

福井 俊彦

 

 

福井 俊彦
(ふくい・としひこ)
元日銀総裁/キヤノングローバル戦略研究所理事長

 

 

 1935年生まれ、大阪府出身。58年東京大法学部卒、日本銀行入行。89年同銀行理事。94年12月~ 98年3月副総裁。富士通総研理事長、経済同友会副代表幹事を歴任。2003年3月~ 08年3月日本銀行総裁。08年12月一般財団法人キヤノングローバル戦略研究所理事長就任、現在に至る。

 

 

 

玉木 林太郎

 

 

玉木 林太郎
(たまき・りんたろう)
元OECD事務次長/国際金融情報センター理事長

 

 

 

 1953年11月生まれ、東京都出身。76年東京大法学部卒業、大蔵省入省。証券局、主計局、国際金融局、財務官室長、世界銀行理事代理などを経て2002年7月~ 05年7月 在米日本大使館公使。大臣官房審議官、国際局長、財務官を歴任し、11年8月財務省退官。11年8月~ 17年7月OECD事務次長。17年10月公益財団法人国際金融情報センター理事長就任、現在に至る。

 

 

 

面出 薫

 

 

面出 薫
(めんで・かおる)
照明デザイナー、ライティングプランナーズ アソシエーツ代表取締役

 

 

 1950年6月、東京都生まれ。東京藝術大美術学部卒業。男性東京国際フォーラム、JR京都駅、六本木ヒルズ、シンガポール中心市街地照明マスタープラン、JR東京駅丸の内駅舎ライトアップなどの照明計画を担当。著書に『世界照明探偵団』鹿島出版会、『陰影のデザイン』六耀社、『LPA1990-2015 建築照明デザインの潮流』六耀社など。照明文化研究会「照明探偵団」の団長。

 

 

 

南 美希子

 

s-minami.jpg

 

南 美希子
(みなみ・みきこ)
エッセイスト、司会者、TVコメンテーター

 

 

 東京生まれ。聖心女子大3年時にテレビ朝日アナウンサー試験に合格し、1977年同局アナウンス部入局。女性アナとして初めてバラエティー番組に出演。86年独立。以来テレビ・ラジオ・講演・シンポジウムのコーディネーター・司会などで活躍。アンチエイジング医療・美容の体当たり取材には定評がある。現在フジテレビ「バイキング」などにコメンテーターとして出演。
 

 

 

 

川崎 哲

 

 

川崎 哲
(かわさき・あきら)
核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員

 

 

 1968年生まれ、東京都出身。東京大卒。2003年にNGO「ピースボート」に入り、現在は共同代表。08年から被爆者と世界を回る「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を実施。2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」の日本人唯一の運営委員として授賞式にはヒバクシャと一緒に出席。1月、フィンICAN事務局長が来日した時は各地を一緒に回った。

 

 

 

宮内 孝久

 

 

宮内 孝久
(みやうち・たかひさ)
神田外語大学長

 

 

 1950年9月、東京都生まれ。75年早稲田大法学部卒、三菱商事入社。88 ~ 91年、同社リヤッド支店勤務。湾岸戦争に遭遇し、地政学に対する多くのヒントを得る。2005年同社執行役員。常務執行役員化学品グループCEOを経て13年、同代表取締役副社長化学品グループCEO。18年、神田外語大学学長に就任。横浜市教育委員、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会理事も務める。